自分をより好印象に見せる面接術を解説するサイト

この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

面接の場面ってどんな感じ?徹底解説

話し方に注意!

面接で気を付けてほしいこと、そして好印象を与える一番の手っ取り早い方法は「話し方」に気を配ることです。
普段、家族や友人たちとはなすかんかくではなく、よりフォーマルに初めての人に自分を知ってもらう行為が面接なのです。
このときに、ため口は絶対ダメですし、「〇〇なのでえ」のように語尾を延ばすのもダメ!
また、合間に「えーっと」「なんか」などを多用することが人間だれしもあります。
面接のときはこのようなことを言ってばかりいると、「きちんと藩士が理解できていないのかな?」と面接官に勘違いされてしまうこともあるので、受け答えはハキハキと、かつ自分の意見をしっかり言えるようにしておくと好印象を与えることができますよ。

これでいいやはNG!

意外と話し方って、気を付けているようでそうではないんです。
しかも、ついつい「これは私のくせみたいなものだから、これでいいや」と考えてしまいがちですが、就活など、人生がかかった面接ではそんなことも言っていられません。
特に気を付けてほしいのが、「やばい」という言葉です。
元々は、良くない意味で使用されてきた言葉ですが、最近では可愛い、すごい、きれい、何でも「やばい」で通じるようになってきてしまっています。
面接のときに、うっかり普段使っている「やばい」を言ってしまうと、「語彙力がないな、会社にはいらない」と判断されてしまうかもしれません。
適切な言葉をきちんと使えるように、普段から意識して言葉を話すだけで癖が見抜けますから、気を付けてみてくださいね。